ゲーム(電源有り・無し)、映画、マンガ等のページ。
二度目の戦い
WAR OF THE RING Battles of the Third Age

137-3702_IMG.jpg


エクスパション導入ゲームの2回目。
今回も自由の民側を担当。
序盤はかなりスムーズに旅を続ける旅の仲間一行。
ロリエンまで無傷でやってきました。
前回の失敗を踏まえて忘れずにガラドリエルをゲームに登場させます。
ガラドリエル登場後、(計画的に)不幸にも途中で死亡した
ガンダルフが白の賢者として復活。

137-3703_IMG.jpg


ロリエンから旅の仲間と分かれ、ゴラムと荒野を進むフロド達。
指輪の幽鬼の首領が行く手に立ちはだかります。

137-3704_IMG.jpg


ドル=アムロス近辺にミナス=ティリスを陥落せしめた冥王軍が
迫りますが、アラゴルン率いる亡者が退却させます。

ドル=アムロスが集中攻撃を受け陥落するも、フロド達は
ほぼ無傷で黒門に辿り着きます。
ここまでほぼ幹図でやってきたので、スキップしながら滅びの山の
火口を目指す一行。冥王側はフロドを捕らえるべくハントボックスに
アクションダイスの多くを振り分けます。

山の中腹まで登るもほとんど誘惑ダメージを受けないフロド。
楽勝楽勝~。

続いて引かれたハントタイルは「サウロンの目」。
冥王側がハントプールにアクションダイスをたっぷり置いて
いたので大ダメージを受けます。実はこのダメージはガラドリエルの
能力でキャンセル出来たのですが、気がつかずにスルー。

残り2点まで追いつめられるも後一歩の所まで辿り着きます。

137-3727_IMG.jpg


引かれたタイルは「ガラドリエルの玻璃瓶」。
あと一歩で自由の民敗北と言う所で難を逃れます。

137-3729_IMG.jpg


本当にあと一歩。

137-3728_IMG.jpg


ここでまたまた状況を一変させる1枚が引かれました。
「その指輪は私の物だ!」指輪に魅せられたフロドがサムと
争います。姿を現しゴールまで1ダイス余計に消費する上、
今進んだ一歩が戻されます。

フロド達は再び潜伏し、ここで次のターンへ。
冥王軍も着々と拠点を攻略し勝利まで
あとわずか。私が振ったダイスはなんと
剣アイコンがない。
剣アイコンはフロド一行を進めるのに使用する為、ここで
進めないのは敗北を意味します。泣く泣くダイス目を変更出来る
エルフの指輪一個を使用し前進。

137-3705_IMG.jpg



引かれたタイルはサウロンの目。エルフの指輪は1ターンに
1枚しか使用でない為、ガラドリエル能力でキャンセルする事も出来ず
敗北~。

それにしても凄い引きだなぁ。

久々のプレイだった為ルールもちょこちょこ間違っていましたが
なかなか楽しめました。またプレイしたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック