ゲーム(電源有り・無し)、映画、マンガ等のページ。
心が折れそうだ…
…った。シールづくりとシール貼りで。

◇ダークソウルボードゲーム
DSCN0098.jpg

最近ずっと準備していたダークソウルボードゲームが何とか遊べそうな状態になったので、FEN氏、ナクトさんと遊んでみました。

DSCN0095.jpg
今回の中ボス”羽の騎士"。

このゲームは電源ゲーム「ダークソウル」のボードゲームです。1から4人でパーティーを組んでエリアボスの討伐を目標に戦います。

なんといっても気になるのは、その難易度。原作ゲームは、何度も何度も殺されて攻略法を覚える”死にゲー”なんて言われてしまう高難易度のゲームですが、ボードゲーム版はというと低レベルの遭遇でも何も考えずに戦ってしまうと集中攻撃を受けて死にそうになります。敵の行動パターンや配置、パーティー側の行動順を把握して挑む必要がありなかなかそれっぽい難易度に仕上がっている気がしました。

このゲームはマンションオブマッドネスのように敵のコントロールをする特定のプレイヤーがいません。敵はカードに書かれた行動指針に従ってパーティを攻撃します。

IMG_0153.jpg
雑魚敵は1枚。単純な移動・攻撃パターンになります。

IMG_0152.jpg
中ボス・ボスは数枚の行動カードでデッキを作り、捲られたカードに従って移動・攻撃を行います。山札がつきた時はリシャッフルせずに再使用されるので、特定の行動パターンを繰り返すことになります。

ストーリー的な要素はまったくありませんが、ゲームとしては面白いと思います。ダークソウルのファンだけでなく、電源ゲームのSRPGが好きならおすすめ出来ると思います。今週末のバンガードには参加出来ませんが、来月に持ち込む予定。

今回は中ボスにたどり着くも2度の挑戦で突破出来ず。篝火の炎が尽き、プレイヤー敗北となりました。

◇サンダーバード
DSCN0096.jpg

バンガードでは不運が続いて無理ゲーとか言われるのですが、初プレイ2人で今回あっさりとイージーをクリア。
使用キャラはゴードン、アラン、ペネロープ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック