ゲーム(電源有り・無し)、映画、マンガ等のページ。
テストパイロット
IMG_6426.jpg

3/29~31の間に行われた『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』
βテストの感想を。


このゲームは基本プレイ無料のPS3専用のネットワークゲームです。
「地球連邦軍」「ジオン公国軍」に別れて最大6人vs6人で
MS同士の戦闘を楽しめます。

3日間でプレイできたのは5時間位。
階級は伍長→二等兵に昇進しました。
◇マッチング

プレイヤーはマッチングの検索機能を使用したり、自分で
部屋を立てたりして対戦に参加します。


検索機能を実行すると、PLの参加状況、戦場の地形、
部屋主のコメントが確認できるので
参加したい部屋を選べばOKです。

βテストの戦場は 山岳地帯のみでしたが、製品版では
異なる戦場も用意されると思います。

検索時に陣営はランダムにする事も、どちらかを指定して参加する事も
出来ます。MSは「連邦の時はGM」「ジオンの時はザク」と
いう風に設定されている(変更可能)ので「連邦軍でザク」とか
いう事にはなりません。



所属陣営が明らかになった後、対戦開始までの間には
以下のようなことが出来ました。

①出撃準備:参加メンバーが出撃準備を選択すると対戦スタート!

②開発:MSやパーツを開発します。補給ポイントと設計図が必要です。

③カスタマイズ:開発したパーツの取付、武器の変更を行います。
MSの変更もここだったかも。

④ペイント:MSの色を塗り替えます。階級が一定以上でないと出来ません。

味方のMS選択状況はこの画面で確認できました。
敵軍については参加メンバーは分かりますが、MSは分かりません。

②~④はマッチング画面外でも行えます。
他PLのMS選択を見てMS変更を行う等は良いと思うのですが、
皆を待たせてペイント…とかはあまりいただけません。
機能制限しても良いかもしれません。


◇戦闘

IMG_6425B.jpg

準備が整ったらいざ戦場へ。規定時間内により多くの功績ポイントを
稼ぐことが勝利条件です。功績ポイントは敵基地の爆破や
敵MSやパイロットの排除等により稼ぐことが出来ます。

操作周りはこんな感じ。

IMG_6424.jpg

R1:攻撃 R2:武器選択
L1:ジャンプ/立ち上がる L2:跪く/伏せる

△:タックル ○:特殊行動 □;リロード
×:緊急回避

MSの挙動は少し遅いです。大きなロボットが戦っている事を
表現していると思えばさほど気になりませんでした。
緊急回避を行うとMSが横転します。
これはどうかと思いましたが、これもしばらくすれば慣れてしまいました。

規定時間内に稼いだ功績ポイントで勝敗が決まるので、
攻撃的にゲームが展開されるのは○。
敵基地を破壊すると得られるポイントが高いようなので、
如何に基地を攻略するかがポイントになっているようでした。

このゲーム中継拠点を占領したり、基地に爆弾を仕掛ける為に
ノーマルスーツでMSの外に出る必要があります。

ノーマルスーツで行動している間はMSからの発見率が
落ちるようでしたので、基地の攻防との組合わせで
上手く機能しているように感じました。

戦闘終了時には戦果に応じた経験点(昇進に影響)、補給ポイント(開発用の資金)、
設計図(ランダムですが、階級により得られる物が異なる)が得られます。
プレイ時間が少なかったこともあり、得られた物も少ないですが
(キャノンタイプのMS、2~3の特殊装備)継続してプレイしようという気に
させられてしまいます。

本サービスは6月より開始とのことです。
課金システムがどのような感じになるのか気になりますが、
人気サービスになりそうだと感じられました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック