ゲーム(電源有り・無し)、映画、マンガ等のページ。
今年の初ゲームは
シアーパニック(ひつじパニックの英語版)でした。
姪にプレゼントした物で食後にプレイ。
陶器製のひつじコマが大変可愛らしく、カメラ持っていけば
よかった…


◇リスク クローンウォーズ

IMG_5244.jpg

甥と2人でプレイすればよかったのですが、甥の希望で
家族を入れて4人プレイ決行。

いつも遊んでいるスタイルは

・食後に4~5人で
・ユーロゲーム主体
・人気があるのは 6ニムト、ズーロレット、マンマミーア

とまぁプレイ前からかなり不安な感じ。


…でプレイ感想。
ゲームは最後まで遊べませんでした。
ルール自体は簡単なのですが、
やっぱり男の子向けゲームだよね。
今度タイマンでプレイしてみたいと思います。


◆1/3 サガ邸ゲーム会

久しぶりにサガさんところへ。


◇タイトル失念

IMG_5338.jpg

1~5+★のダイスを振り出た目の駒(一定条件で組み合わせ可能)を
1マスずつ進めて得点マス(ゴールだけではない)を目指すゲーム。

ルールを聞いてお分かりの通り1の駒は進み易く、5の駒は進み難いです。
得点マスは決算の際に駒の数字分得点が倍になるので、なるべく
数字の大きい駒を前に進めたくなります。

駒は他の駒を飛び越して動く上、自分の駒が3つ並ぶと追加手番を
得る等のルールもあるのでそこそこ駆け引きもあります。
なかなか良く出来ているゲームだと思いました。
◇エンデバー

IMG_5339.jpg

毎ターン1枚ずつ得られる建物に人員を配置する事で
各種のアクションを実行し、得られるトークンやカードで
4つのパラメータを上昇させ、エリアやパラメータから
得られる勝利得点をより多く稼ぐ事を目指すゲーム。

自分が出来る事が結構限定されているので、
選択の悩ましさを楽しむというよりも、先を見越した
計画を立てて実行していく事を楽しむゲームだと
思えました。

かなりあっさりした印象を受けましたが、
ゲーム時間が短い(90分位)にしては、
色々な要素を上手く纏めているゲームだと思います。
またやってみたいですね。


◇スチーム

IMG_5340.jpg

続いてプレイしたのはこれ。PLはそれぞれ鉄道会社を
運営し、所有する機関車の能力に応じて産物を輸送し
利益をVPに変換していくゲーム。

今回は初心者用ルールでのプレイでした。
鉄道網の敷設と産物の輸送に的を絞ったゲーム展開は
私にとってはなかなか新鮮でした。

上級ルールはかなりシビアな展開になるとの事でした。
このゲーム レイルロードタイクーン と似ているらしいので
機会があったらプレイして差異を確認してみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック